パルスオキシメーター(歯愛メディカル)は動脈血酸素飽和度(%SpO2)脈拍数(PRbpm)PI値など指に挟み計測

スポンサーリンク↓

パルスオキシメーター(オキシマン)は動脈血酸素飽和度(%SpO2)脈拍数(%SpO2)PI値など指に挟むだけで計測する機械

パルスオキシメーター(オキシマン)は動脈血酸素飽和度(%SpO2)脈拍数(PRbpm)PI値(灌流指数)など指に挟むだけで計測できる。内側にあるセンサーのLEDが光を爪に当て、指の内部の動脈に含まれる酸素の量、心拍数(脈拍)血流状態を計測する。

スポンサーリンク↓

パルスオキシメーターとはなんだ

何を計測するのか

パルスオキシメーター(pulse oximeter)を指にはさむと、内側にはセンサーとなる赤色のLEDがあり、その光を爪に当てることにより、指の内部の動脈に含まれる酸素の量、およびを心拍数(脈拍)を計測する。

酸素の量、およびを心拍数(脈拍)を計測

採血なしに、つまり医療従事者のいない一般家庭においても、セルフでで測定できる医療用計測機器ということである。

そして、指に挟むという、実に簡単な仕掛けで調べられる。

液晶は明るく見やすいと思う。

ボタンを押せば灌流指数(PI)も表情される。

とくに家庭用に簡易化したわけではなく、病院には同じものが常備されている。

これが一般家庭にあれば、ちょっと呼吸困難になったからと言って、すぐに病院に行かなくても、ましてや救急車を呼ばなくても、自分が「本当に危ないのか」数字を見て大まかな判断ができる。

パルスオキシメーターの原理

人間は酸素を肺から取り込むが、取り込んだ酸素は血液の赤血球に含まれる、ヘモグロビンと結合して全身に運ばれる。

つまり、酸素飽和度(SpO2)といって、心臓から全身に運ばれる血液(動脈血)のヘモグロビンの何%に酸素が結合しているかを計測することで、全身に酸素が行き届いているかどうかを調べるわけである。
+
パルスオキシメーターは、指に挟んだ装置(プローブ)から、皮膚を通してその数値を調べることができる。

プローブにある受光部センサーが、拍動する動脈の血流を検知し、光の吸収値からSpO2を計算し表示するのである。

機能

パルスオキシメーターは、『%SpO2』と『PRbpm』さらにボタンの長押しで『PI値』の数値表示をする。

パルスオキシメーター

有機ELディスプレイを使用しているので、夜突然の呼吸困難でもすぐに計測し、暗所でもクッキリ数字を認識できる。

パルスオキシメーターの形状は長方形だが、ディスプレイは縦でも横でも測定値を確認しやすいマルチアングル機能である。

PI値(灌流指数)という血液のめぐりが良い場合は高値を示す表示機能付きのため、低灌流時の指標として使用できる。

電源は、単4型アルカリ乾電池2本を使用する。

簡単で場所もとらないので、バックに嵩張らず収納できますから、屋外や旅行先でも使用できる。

商品の弱点・欠点は?

パルスオキシメーターは数値の計測機で、機能自体はシンプルなため、とくに弱点・欠点として気をつけなければならないことはないだろう。

強いて言えば、軽量・小型であるために、落としたり紛失したり、といったことだろうか。

その場合は、ストラップが同梱しているので、それをつければある程度防止できるのではないだろうか。

ストラップ

また、本体の専用カバー(シリコン製)が別売りであるので、それをセットで購入すれば良いと思う。

スポンサーリンク↓

『%SpO2』と『PRbpm』について

パルスオキシメーターの%SpO2とは

パルスオキシメーターの表示する『%SpO2』とは、メインの計測である動脈血酸素飽和度の数値である。

サチュレーションやエスピーオーツーなどといわれる。

動脈(心臓から全身に運ばれる血液)に含まれる酸素(O2)の飽和度を使って計測する。

一方、採血などの方法によって動脈血の酸素飽和度を測定したものは、SpO2と区別するためSaO2と呼ぶ。

%SpO2の標準値は一般的に96~99%といわれている。

90%以下の場合は、十分な酸素を全身の臓器に送れなくなった状態(呼吸不全)になっている可能性があるため、パルスオキシメーターはそれを切るとピピッという警告音が出る。

通常、健康な人なら、97~99を計測する。

といっても、測定値の考察は主治医やかかりつけ医の指示のもとに利用すべきものである。

パルスオキシメーターのPRbpmとは

パルスオキシメーターの計測値は、動脈血酸素飽和度(%SpO2)のほかに、『PRbpm』という計測値もある。

PRbpm とは心拍数(脈拍)である。

カッコで書きましたが、厳密には心拍数と脈拍は対象が違い、心拍数は心臓が1分間に打つ回数、脈拍は体の各部の血管が1分間に拍動する回数を示する。

心臓の拍動1回分は、体の隅々に脈拍として伝わるため、事実上心拍数=脈拍数となることから、『心拍数(脈拍)』と書いている。

この例外が不整脈などである。

パルスオキシメーターは、1分間に心臓で電気が発生する回数を示する。

心拍数(脈拍)は、臓器、呼吸器、循環器の異常だけでなく、過労、微熱、睡眠不足などでも変動するため、即、特定の病気かどうかを判断するわけではないが、遅かったり速かったりすることで、体の現在のコンディションを把握する一助となる。

心拍数(脈拍)は、60~90がの基準値、59以下(脈が遅い)で不整脈、甲状腺機能低下症などが疑われる。

ただし、スポーツをしている場合の安静時が遅くなるといわれている。

91以上(脈が速い)で不整脈、甲状腺機能亢進症、貧血などがありえる。

ただし、緊張していたり、体内の水分が足りない状態だったりしても心拍数(脈拍)は上がる。

なぜ、%SpO2とPRbpmをセットで計測するかというと、%SpO2が低いということは体内に酸素が十分に行き渡っていないことを意味し、そのためにPRbpmが高くなるという因果関係をともなった連携をしているからである。

パルスオキシメーターのまとめ

パルスオキシメーター(オキシマン)は、動脈血酸素飽和度(%SpO2)と脈拍数(%SpO2)、さらにはPI値を計測する。

指にはさめば数秒で数値を計測するので、高齢者でもお子さんでもできる。

スイッチがないので、指を入れれば自動的に計測がスタートし、指を抜けば表示が消える。

以上、パルスオキシメーター(オキシマン)は動脈血酸素飽和度(%SpO2)脈拍数(%SpO2)PI値など指に挟むだけで計測する機械、でした。

パルスオキシメータ オキシマン ISO準拠 S-114
パルスオキシメータ オキシマン ISO準拠 S-114

スポンサーリンク↓

コメント