湿潤療法

議論になっている湿潤療法

湿潤療法(しつじゅんりょうほう)。ご存じですか。皮膚のケガに対する手当ての仕方です。

「湿潤療法」で検索すると、病院や体験者によって賛否両論のページがたくさん出てきます。つまり、

従来の手当てとは正反対であり、かつ議論の真っ最中

であることがわかります。

では、何が議論の争点なのでしょうか。

従来、やけど(熱傷、火傷)、擦過傷(擦り傷)、褥瘡(じょくそう)など、皮膚のケガについては、バイ菌が入らないように消毒して、あとは乾かすというのが常識でした。

何からの消毒液で傷口を消毒し、あとは通気性のある絆創膏や包帯などで保護をするものです。

傷の消毒

乾かせば、悪い菌は入らないので化膿しないという考えに基づくものです。

ところが、消毒して乾かしたら、必要なものまで殺されてしまう、という立場に立つのが、湿潤療法です。

具体的には、異物などが刺さっていたらとり、消毒液は使わず、水道水で洗う。

水道水

その後の保護は、乾かさないようにするため、絆創膏やガーゼのような吸水性のあるものは使わず、家庭で使われている食品用ラップフィルムや、市販の保護シートを使って湿度を保ちます。

理由は、皮膚のケガで発生する浸出液には、病原菌を退治する成分や白血球、さらには傷を治す細胞などが含まれているので、消毒液や吸水性のある保護をしてしまったら、病原菌は防げるかもしれないが、回復のための細胞までだめになってしまう、というものです。

たんに、外部からのバイ菌を防ぐなら、通常の免疫力があれば、異物を取り去って水道水で洗えば間に合うということです。

医療機関(病院、皮膚科クリニック)でも、湿潤療法を採用しているところはたくさんありますから、湿潤療法は一部の人が個人的に試している民間療法ではなく、健康保険を使って行われているれっきとした診療です。

↓スポンサードリンク

湿潤療法のメリットとデメリット

湿潤療法を巡って賛否両論があるということは、それどれメリットとデメリットが有るということです。

それを簡単にまとめてみます。

湿潤療法のメリットは?

・痛みが少ない
傷口から出る浸出液は伊達や酔狂で出ているわけではありません。そのままにして湿らせた状態におくことで、乾燥による神経への刺激が少なくなり痛みが和らぐのです。

・早くきれいに治る
患者が湿潤療法を選ぶ最大の理由がここです。湿潤という文字の通りうるおいを保つことで、細胞の修復する働きがスムーズになり、皮膚の再生がかさぶたも作らず早くきれいに行われるのです。ですから、湿潤療法はうるおい療法ともいわれます。

・消毒液を使用しない
消毒液は、いいものも悪いものも消毒します。つまり、外部から進入するバイ菌だけでなく、浸出液に含まれる傷を治す細胞のはたらきを弱めてしまうのです。

・包帯を使わない
浸出液はガーゼを当てることで吸水されと乾燥してしまいます。それによって、傷を治す細胞が死んでしまうのです。包帯に変わる保護剤として家庭で使われている食品用ラップフィルムを包帯のように巻くので、ラップ療法とも呼ばれます。

湿潤療法のデメリットは?

従来の手当てを主張する人は、湿潤療法を盲目的に信じることによって、より深刻な事態に陥るとして懸念しています。

ただし、医療機関が見過ごすケースは少ないで、以下は、家庭で湿潤療法で手当てを済ませてしまった場合の話しです。

・深い傷による神経切断の治療ができない
切り傷は深さによっては、皮膚組織を超えて神経にまで達している場合があり、そのときは適切な外科治療を受けなければなりません。しかし、ラップを巻いて済ませてしまったらその治療の機会を逃すことになります。

・化膿したり感染症に罹ったりする可能性がある
きちんと外部のバイ菌を除去しないままそのままにしておけば、破傷風菌など感染症に罹ったりするなどのリスクがあります。

湿潤療法の結論

湿潤療法というのは、どんな場合でも使えるというものではなく、一部に言われるような「パラダイム・チェンジ(医学的真理の交代)」というのは早計だと思います。

少なくとも、怪我やヤケドをしたら、まずは医療機関の診断を仰ぐことが必要だと思います。

そして、湿潤療法を希望するなら、それを標榜する病院や皮膚科クリニックに行き、その旨を伝えて治療するといいでしょう。

では、湿潤療法の適応はどうなのかというと、有力なのはやけどではないかと思います。

出血する傷でなければ感染症やバイ菌の心配はなく、皮膚の再生を上手に促して跡が残らないようにするため、湿潤療法は検討してもいいのではないかと思います。

ということで、このサイトでは、2015年1月24日に、顔面、喉元、左腕に熱湯をかけるヤケドを負った私が、湿潤療法を標榜する皮膚科クリニックの診察を受けて治療した話をまとめてみたいと思います。
↓スポンサードリンク

スケプティクス