生活の中の理性と非合理・超自然現象や疑似科学を調べる

「がん家系」は確かにある

がんは遺伝するのか。これは気になるテーマです。なぜなら、誰でも先祖親類まで含めれば、だれか一人や二人はがんになっていることが多いからです。また、遺伝するとなったら、身内ががんで亡くなっている人は絶対にがんは免れないとあきらめなければならないのでしょうか。実に気になる問題ですが結論はいかに。
イケメンドクター・吉田眞医師が連載する「東急スポーツ」の「医学情報のウソ!ホント?」(4月17日付)では、この問題が取り上げられています。さて、気になりますか。気になりますよね。それでは前置きなしに引用しますね。

東京スポーツ・がん遺伝

いいえ、がんは逓伝しません…と言いたいところですが、「がん家系」は確かにあるんです。この微妙な違いを説明しましょう。がんはそもそもが〝遺伝子の異常″によって導かれた〝異常な細胞の無限増殖″であり、その主な原因は毒物や電磁波、慢性の炎症などです。
…と、ここまでの原因であれば親からの遺伝とがんは無関係にみえますよね。問題はもうひとつ。実はこれらの原因によってがん細胞が生み出される際、それを抑えるための〝システム″が各細胞に備わっているのです。
 これが「がん抑制遺伝子」といわれる遺伝子で、家系で伝承されることになる〝がんになりにくい要素″なのです。単純に考えれば、あるがん抑制遺伝子が機能しなければ、特定のがんが発症することになるはずですが、実際は抑制遺伝子とがんとは一対一の関係ではなく、何種類かの遺伝子が組み合わざることで、ひとつのがんの発生が制御されています。
 つまり、一概に遺伝しないとは言えそうもないのです。100種類はあるといわれるがん抑制遺伝子は、現在もまだ研究の途上にあります。


これは、がん家系の人は抑制遺伝子がないということですから遺伝しないとは言い切れないから気をつけろ、という話ですが、かといって、がん家系でない人が、自分は安心だと安心しきけるわけではないでしょう。

別の見方をすれば、家系に見えるがんが、実は、それぞれ孤発かもしれません。

これはとりあえず参考程度にとどめておいて、さらなる研究の成果を待ちたいです。
健康情報・本当の話

健康情報・本当の話

  • 作者: 草野 直樹
  • 出版社/メーカー: 楽工社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本

↑スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

がんは遺伝するのか?その結論が明らかに関連ページ

入院費用と看護師の関係
風邪とクローン病の微妙なハザマ
肺がん手術で注目横浜市大市民総合医療センター
スキルス胃がん、化学療法手術前投与で新たな治療法
抗がん剤を使うな論、は正しいのか
大腸がん、進行がんでも単孔式腹腔鏡手術
心臓突然死、予知や予防はしっかりと把握を
慢性炎症は万病のもとという話
脳梗塞、真夏日猛暑で1.7倍リスク
遺伝より生活習慣が大事という研究
胃のはたらき、夜中に食べて胃もたれする理由
尿路結石、コーラは×、コーヒー・紅茶は○
ピロリ菌除菌で胃がん、マルトリンパ腫原因消える
虫歯はがんになりにくく歯周病は逆になりやすい
PM2.5と発がん性の真相
胃を守る食べものはこれだ!
星野式ゲルソン療法、5年生存率0%から生還!?
マイクロアレイ検査、膵臓がん早期発見にも有用
肺がん、2週間咳が続いたら医師の診断を
認知症をスケプティクスな観点からみるアンケート
白内障、遠くも近くもよく見える多焦点レンズ
C型肝炎、新薬で完治する時代と話題になっている
心臓病や血管ボロボロに和温療法が期待されている!
腎がんの治療、ロボット支援で内視鏡部分開腹へ
糖尿病とすい臓がんの深い関係
光線免疫療法、がん僕滅の切り札になるか
超高濃度ビタミンC点滴療法と断糖食事療法を同時に
高濃度ビタミンC点滴療法の真相

医療最新情報 健康食品懐疑 ヒートショックプロテイン 湿潤療法 緑内障